モザイク展

  1999年8月門司でモザイク展を開催しました。

門司細工−モザイク−

ごあいさつ

 それは京都で学んでいた時のことである。美術学のテストで、「美とは何か」と問われた。約1時間、ぎりぎりまで考えた末・・・答案用紙の真ん中に穴を空けて、提出した。かなり勇気がいったのだが、穴を空けてみたのである。「穴」は、つい問うてみたくなる心理のあらわれであり、また"その先には何があるのか?"という想像をかきたてるものではないだろうか。その探求心が、美へとつながるのでないかと自分自身に問うてみた結果であった。

  美という定義は、なんであろうか。「美」とは観る人によって感じ方が違い、その時々により、良くも悪くも変わるものなのだと考えている。

  帰省のたびに、私のふるさと門司港を歩いてみると、今ではもう使われなくなった道具やモノがたくさん目につくようになった。生活のあらゆる面で効率化が追求され、デジタル化されつつある。しかし、確かに便利にはなったが、この門司港では、先人の智恵や生活文化が詰まった古き良きモノが時代に流されず、まだまだ残されている事に気付いた。

 今回の「門司細工-アート展」では、今ではあまり価値が無いように思われているモノ達をアート造形作品として加工した。それらを全く違った角度から見直せたら、そして、「美」を感じることができれば・・・と思う。

主催者  川村妙慶

 

  薬たち  
  傘の大学  
  たばこやののれん  
  古いタイプライター  

 

    開催日時

平成11年8月14日〜21日無事終了しました。

    会 場 旧門司税関
    内 容 区民の持ち寄った生活道具を、アート造形物に加工したもの。 床置、壁吊等 11点〜13点。
    主 催 兎亀山 西蓮寺 (代表 川村 妙慶)
    後 援 門司港レトロクラブ、門司まちづくり推進課

 

 
ご協賛いただいた方々
    福岡製油(株)

(有)いづみアート三田

    船内料理 若代 ビリヤード大里293
    梅月 一品料理 きよし
    おきぜん あさ乃 スナック デビュー
    虹 リングス有志
    門司古武会 門司港有志の方々
    野崎伸二(九州電力) 三木一哉(朝日新聞社)
    岡田郁子(喫茶水月) 藤井五輪
    佐川義治 中山美登志
    安藤保 田中希代子
    辻田信行  
 
ご協力いただいた方々
    魚住酒店 柳月堂
    西照寺 根本美香(ミラソール)
 


このPageの写真を撮ってくださった魚住 耕司さんのホームページ。門司港イベント & トピックスには、「門司細工(モザイク)」を始め、さまざまなイベントが紹介されています。レトロタウン「門司港」の窓口として、多くの方が訪れています。