門司で文字展

  2000年8月門司で門司展を開催しました。

今回の「アートde 門司文字展」では、表音ではなく文字そのものにいろいろな意味を有するという世界的にも珍しい表意文字、我々が古来の文化として受け継いでいる日本語、その“文字”に焦点を当てました。文字には、書いた人の想いが映し出されます。傷ついた心・なごんだ心・そして笑顔のはずんだ心・・・。言葉では説明しきれないことも、文字なら自然に表れてきます。今一番伝えたいこと、心のよりどころになっている言葉、あるいは街角の誰が書いたか知らないけれど昔から残っている文字。そんな、門司港に息づくいろいろな文字をさまざまな方からご提供いただき、私なりにアート造形作品に仕上げ、文字に込められた想いとともに、違った角度からの「美」を表現した作品として展示いたしました。

川村 慶子  写真協力:魚住 耕司
 

  もじもじ

もじもじせんと入りっちゃ

川村の手染め“のれん”にさそわれ大勢の方にご来場いただきました。この“のれん”3社から譲って欲しいという依頼が・・・I 社にプレゼントしました。

 

 

レトロ倶楽部さんに作品を説明している川村。

これは、Tシャツに一つひとつ文字を染めたり、写真を転写したり、世界にひとつしかないオリジナル!

 

 

文字は、手書きだけじゃない!

コンピュータ文字や新聞の文字、又、街角で見られるあいさつ文字をコピーして(写真提供:谷次 辰己さん)いただいた。

 

 

川村の代表作
「溶ける文字」

ライティングで文字が浮き出てくるような・・・

大地があるから倒れることができる
大地がなければ倒れることができない
倒れてもいいのだよ
今のあなたを受けとめてくれる
大地がある

 

柳月堂石井社長作品

彼は大の鉄道マニア!実際に使われていた汽車に付けられていたプレートとレールをディスプレイ。中に門司港駅長に文字を書いていただき、時刻表と合体。

 

 

このギャグわかっていただけます?

中央に付いているのは、空の桶とカラオケで言葉遊びをしてみました。 今年の忘年会は、これを着て盛り上がりましょう。

 

 

文字女Tシャツ

もじおんなって、キリっとして勝ち気な女が多い。
(あれ、私も?)

門司港のブランドとして売れるかなぁ〜

1500円で販売しています。 (^.^)

 

 

門司港駅前にバルクというイタリアンレストランがあります。そこの松尾オーナーが自ら大好きなネコをテーマに文字を書いてくれました。

門司港へ来たら、是非バルクへ!

 

 

笑いにはくしゃくしゃになって笑うとか、体をよじって笑うなど様々。そんな笑いを木下 笑子さんに書いていただきました。

つまり彼女はいつも 笑っている人 なのです。

 

 

立体文字?

文字展ポスターにもなっていた“もじもじ”の字は、「もじもじ まんじゅう」店長 大賀 孝信さんに書いていただきました。手前の黒い箱(拡大鏡)の中にそのおまんじゅうを入れて、来場者に穴から拡大鏡でのぞいていただきました。実はこのおまんじゅう屋さん火事で焼けてしまい、これが最後のおまんじゅうとなりました。

 

 

門司港ホテルの支配人・杉谷利博さんに、「門」の字を書いていただき、その右下に小さな穴を空けました。その穴の中には、本人が入っている?のです。

 

 

ある僧侶の方に「願」という文字を書いていただきました。それを土のオブジェの中に入れてみました。

 

 

40点のオリジナルTシャツ

希望の方にプレゼントしました。応募者が700名にもなりました。

希望者数ランキング
 一位・・・もじおんな
 二位・・・南無阿弥陀仏
 三位・・・朋
 四位・・・もじもじ(カップルの手)

 

門司で一番まずい店?

こんな文字を書いてくれたのは、安井商店のおやじさん。店から本物のバナナを持ってきてくれ来場者にプレゼント〜。

 

 

念ずれば花開く

この度、門司区長に文字を書いていただきました。区長宛てクイズ(四拓で選んでいただく)も行い、来場者とのコミュニケーションをはかりました。当選者には、門司港名物を送りました。